2013年6月4日火曜日

ライデンからデルフトへ(6月4日)


晴。寒さを感じる。早朝散策は近くの公園。
道すがら水辺で羽づくろいするアヒル(ハクガン)たち。
公園ではオウム(ワカケホンセイインコ)が飛び交うさまに見惚れた。
池の岸辺の草むらにバンが営巣。幼鳥も見えた。
カワガラス(クロウタドリ)かと思いきや。よく見ると他の鳥(ウタツグミの幼鳥)だつた。

今日は北海に向け走行。北海桟橋ピアを経て昨日とよく似たデューンを走行。

自転車専用道路の片側は馬の専用道路。反対側は歩行者専用。自動車は通らない。










ながら撮影デビュー。ちゃんと写るではないか!でもでも。路面には砂が薄く覆っているところがあり片手ハンドルは危険極まりなし。

池を眺められるところで小休止。遠くにホシハジロとコブハクチョウのファミリー!


 


ミニチュアの街マドローダムに到着。入口の大きなデコレーションにはハンス少年






 


昼食をここで済ませ、美術館めぐりに向かった。


フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」が出張中のマウリッツハウス美術館は入館をみあわせたがエントランスの刷りガラスにあのカラス(コクマルカラス)を見付けた。

パノラマ美術館MESDAGの120mに及ぶ絵画は圧巻!ランドマークとして通過した給水塔も描かれている。絵のような本物のような不思議な空間。
建物を出たところでアンモナイトの化石をtamadaさんに教えてもらった。

続いてESCHERの版画展示館。ここでも絵の仕掛けをtamadaさんに解説を受けた。

デルフトに向かう予定のコースが通行止めのためhishidaさん探索。その間暫し休憩。カケス(カササギ)が出現してゆったりとした時を過ごした。


コース判明!快走!



夕食後は運河の下流に散策。
翌朝戻る方向を見失ったときのランドマーク
この建物が見えてホッとしたことだった。


バン、コブハクチョウ、カモ(エジプトガン)の子連れが同じ場所にいた。

本日の走行 47.5(3時間10分)




0 件のコメント:

コメントを投稿