2013年6月2日日曜日

アムステルダムからハーレムへ(6月2日)

オランダ目覚めの初日は6時からの散策。快晴!
出現鳥。カンムリカイツブリ、カワカガラスもどき(クロウタドリ)、カケス?(カササギ)。
フジの傍にフジと見間違いそうな黄色い房の花が咲きシヤクナゲも。
花咲く木はリンデンバーム。落花盛ん。

7時30分からの朝食はふんだんのチーズ。各自スライサーで欲しいだけいただく。
昼食のサンドウィッチを各自用意していざ出発。
先ずアンネフランクルの家を見学。そのあと遊覧船で暫し運河をクルージング。


「ようかんを2センチ幅で切ったものを縦に並べたような景観」と、司馬氏いう。













街中を走り抜け無料のフェリーで郊外へ。
ポルダー(湿地帯)が現れる。道幅は狭いが見渡す限り真っ平。壊れた飛行機のプロペラがモニュメントになっているポイントで休憩。キンポウゲ、ギシギシ、ヤブジラミも―面に咲くと圧巻!
トチノキ(セイヨウトチノキ、マロニエ)がいたるところに目に付く。多くは白い花を咲かせているが希にピンクも見かける。
鳥のさえずりを聞きつつ快走。


昼食は水辺の草原にて朝用意のサンドウィッチを。
食後にアカゲラ出現!
moritaさんにマクロ2mの技を伝授して頂きその後写すことを面白くさせていただいた。







ザンセスカンを目指す。「熟年バックパッカーの旅日記」に説明を委ねさせていただく。
風車の風景に接しオランダ!の感が湧いてくる。いったん戻って橋の上から一望したのちは、気になって仕方ないカラスもどき(コクマルカラス)を被写体に。はるかかなたにはタゲリも。
tamadaさんから風車の見学を進められたが鳥に夢中であっという間に集合時間をむかえた。


草を食む牛・馬・羊たちを横目で見ながら「なんと長閑な風景だなぁ~!」と思うことしばしば。

ハーレムに向かうためのフェリーを降りたのちの休憩で2羽のカンムリカイツブリ。よく見ると背中に雛鳥2羽をおんぶしているではないか!この時期子育て真っ盛りのようである。

夕食はワインを振る舞われしっかりいただいた。ホワイトアスパラ、ステーキ、ポテトがgood!
今夜も独りハーレムの街を徘徊。


 聖バフォ教会の前はコスターの銅像
  教会内部を知るサイト

今日の走行 57.49km(4時間)







0 件のコメント:

コメントを投稿