2013年2月23日土曜日

流れ橋に向かう

家を出てしばらくして先ずカワセミに。














横大路から桂川へ。
橋本を過ぎ流れ橋までカメラを向けることなし。
石田神社の境内でビンズイ、メジロ、シメ、シロハラ。














流れ橋上流にホオジロらしきのが数羽。














その上流にこれはホオジロ。














流れ橋から2キロ上流辺りでカワアイサの2番。














木幡池ではカイツブリ、カワウ、ハシビロガモ。
























家にたどり着く前にイソシギ。














寒風の中50㎞程走行。

2013年2月20日水曜日

岡山にて

19日の倉敷の朝は小雪舞う。
美観地区を散策したときのコブハクチョウ















西大寺に立ち寄り宿泊予定の牛窓を経由して仕事場へ。
本蓮寺の花頭窓をあしらった三重の塔。















ジョウビタキやアオジに足止めされた。
海は悪天で鈍色。















ポッケのオーナーと自転車談義に時を忘れてしまった夕食。
翌朝は霜。
前日と打って変わっての晴天。
あちこちに鳥の飛び交う中、朝食前の散策。















一仕事終え高速バスにて松山へ。
瀬戸大橋からの眺め。















とんぼ返りの上空。
高知とちがいジェット機。















京での灯りを目にして2泊3日の出張完!



2013年2月14日木曜日

内宮に詣ず

朝の英虞湾。














宝生苑の庭園でアオジが飛び交っていた。
梅にウソ。














いよいよ内宮参拝。天気は申し分なし!


















金色が背景をなす内宮参拝前。














五十鈴川のカイツブリを眺めつつ猿田彦神社へ。

赤福、お福、太閤出世餅、神代餅と甘いもの事欠かない町並み。

昼食は神宮会館。
日牟禮八幡宮の正式参拝で旅は完。




2013年2月13日水曜日

伊勢参りの前に山科疏水

山科駅での集合時間までに探鳥。
もうあきらめて帰途に着いた。その時ルリビタキの♂が出現!
陵の東側。





























他にアオジ、シロハラ、ジョウビタキの♀、シメ、ツグミ、ハクセキレイ出現。

気分ルンルンで旅に出た。
途中ナバナの里で昼食。
そこで間近にヒヨドリが。














外宮にお詣りして賢島宝生苑に投宿。
役目を終えようとする社の傍らに遷宮を待つ社が輝いていた。





2013年2月11日月曜日

昼下がりの山科疏水

小雪が舞う中、気分転換にルリビタキを訪ねる。
メスには堪能させてもらうことが出来て良し!








 



















 

ヒタキのついでにジョウビタキ















 シジュウカラも沢山いたがヤマガラをUP















シロハラ(ツグミのでました)
ほんまに白い腹!














小鳥の群はアオジと思いきや。
nishidai師匠からマヒワと同定していただきました。
黄色味があるところがアオジともよく似ているとのこと。














最後はこれです。シメ。















【その他の出現鳥】
コゲラ、キセキレイ、メジロ、

2013年2月8日金曜日

不忍池にて

不忍池でのカモメ。
ユリカモメに混じっていた。何に出会ったのか。
目の色からしたらウミネコか。
でも、足の色は黄でない。
???














nishidai師匠にお尋ねしたところ。
2回目の冬を迎えるセグロカモメの若い鳥です。三列風切羽に褐色の斑があり、初列風切羽先端の黒い部分に白斑がありません。(成鳥には白斑があります)足も肉色です。一回り、ユリカモメより大きい。翼の模様や頭から頸の褐色斑などがはっきり見えています。年や季節によって微妙に翼やくちばし、足が変化してきますので同定が難しくなります。経年変化の資料として残しておきたい写真ですね。
とコメントも付けて同定していただいた。

お目当てのバンに遭えました





























オオバンがハスの実を頬張った瞬間!