2012年3月22日木曜日

史跡高松城跡

松平氏の居城「高松城」。

 月見櫓の初層は千鳥破風、二層は唐破風。
各層の白壁に上下2本の黒塗り長押を巡らしている。


内苑御庭への飛び石は枯山水の庭に通じていた。
披雲閣の大書院142畳敷。
ガラス越しに蘇鉄の植え込みがうかがえる。

石垣の工法はいろいろ用いられている様子。
桜御門跡の石垣が赤いのは昭和20年の空襲で焼けた跡。


駅前広場の福朗さんを横目に帰途に着いた。


0 件のコメント:

コメントを投稿